×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



 医療系学生のつどい「さるぼぼ」(以下さるぼぼ会)では、
岐阜大学を中心として岐阜県内、名古屋市の学生が集まり、月二回学習と交流を行っています。
普段は自分たちの学びたいことに基づいて、
最新の医学のことや、福祉、社会問題までさまざまなことを学んでいます。

 医療系の学部は特に他の学部との交流が少なくなってしまいがちなので、
学習を通して他大学の学生と交流し、仲良くなれるのも魅力です。

 夏には全国医学生ゼミナールに行き、
全国各地の医療系学生と学びを共有したり、さまざまな交流を行っています。

 自分がどんな医療者になりたいか、よりよい医療者とは何か、
一緒に考えていきませんか?

さるぼぼ会の歴史
日付 できごと 詳細
2008.3 さるぼぼ会発足 岐阜大学医学部看護学科3年(当時)のGさんが中心となり発足
初代会長は岐阜薬科大学3年(当時)のTさん
2008.5 さるぼぼ会 拡大を始める 岐阜大学医学部医学科1年(当時)3人がさるぼぼ会に来るようになる
2008.8.11〜14 第51回全国医学生ゼミナールin群馬に行く さるぼぼ会からは医学生4人、看護学生2人、薬学生1人が参加
2009.1 会長(仮)交代 初代→2代目 会長(仮)が岐阜大学医学部医学科1年(当時)Iさんへ
2009.8.10〜13 第52回全国医学生ゼミナールin信州へ行く さるぼぼ会ではメンバーを集い、総勢12人で参加
2009.9 会長交代 2代目→3代目 会長が岐阜市立看護専門学校2年Gさんへ
2009.12 岐阜ポスト医ゼミ開催 みんなで語ろう 日本の医療と福祉 をテーマに行いました。
2010.4〜5 新歓企画
2009.12 岐阜プレ医ゼミ開催
Back   Top page